自然なカラコンの選び方

カラコンというと一昔前はギャルがつけているイメージでしたが、今はギャル以外の方にも愛用者が沢山います。

アイドルや女子アナも普通につけている時代ですね。

かく言う私もカラコンを愛用しています。

カラコンとひと口に言っても2タイプ存在します。

瞳の色自体を変えるものと、瞳の色はそのままで瞳を大きく見せるもの。

最近は瞳を大きく見せるタイプが主流ですね。

黒目が大きくなっただけなのに、不思議なほど顔が変わります。

特に三白眼の方には効果が絶大です。

白目がちの怖い瞳もカラコンを入れるだけで、うるうるとしたチワワや赤ちゃんのような黒目がちの瞳に大変身!今や女性には手放せないアイテムの一つだと思います。

そんなカラコンですが、直径が大きすぎると可愛いを通り越してもはや宇宙人で怖くなってしまったりします。

この宇宙人状態は不自然なので避けたいですよね。

まずは自分の瞳に合った着色直径を選びましょう。

人により目の横幅は違います。

なので一概に直径○○cmが良いとは言えません。

例えば目の横幅が広い人が直径14mmのカラコンを入れても不自然にはなりませんが、横幅が狭い人がこのサイズを使用すると宇宙人になってしまいます。

色々な直径サイズのカラコンを使用してみて、自分にベストなサイズを見つけましょう。

この時、辛口に判断をしてくれる人に見てもらうといいです。

自分ではベストサイズだと思っていても、第三者からは宇宙人に見えたりもしますので。

次に大事なのは着色部分の密度です。

隙間無くギッチリと着色されたカラコンは、どうしても人工感が出てしまいお人形さんのような生気のない瞳になってしまいます。

ナチュラルを目指したいなら密度が薄いカラコン安い度ありを選びましょう。

そして最後は縁の事です。

カラコンの縁はペンで線を書いたかのようにくっきりしてます。

ですが、自分の瞳の縁ををじっくりと見て下さい。

ほんのりと縁がぼやけていますよね?なのでよりナチュラルにしたいならば、縁がぼやけてドットになっているものがオススメです。

自然なカラコンで手軽に可愛いをつくりましょう!