沖縄のお墓って大きいな

私は沖縄に観光に行った際、所々に大きな石碑のようなものが立っていることに気づきました。

それはなんとお墓だそう。

私が見てきた日本のお墓とは、墓地に整然と、そして一つ一つがこじんまりとあまりスペースを取らないお墓だったので、なぜ沖縄のお墓が大きいのか調べてみることにしました。

沖縄のお墓の種類

調べてみると、沖縄のお墓には3種類あるそうです。

一つは亀甲墓というもの。

これは昔、台湾や香港などの大陸の影響を受けたものだそうです。

私が沖縄で見たのはこの亀甲墓だったと思います。

亀の甲羅のような形が特徴的だったのを覚えています。

二つ目は破風墓というもの。

これは琉球王国の王室が利用してきたものだそうで、屋根のようなものもあり、お墓なのにお城みたい!と思ってしまいました。

きっと王室の方を埋葬するところだったので、居心地がいいような住居のようなお墓の形にしたのかな?と思いました。

三つ目は屋形墓というもので、これは、先ほどの破風墓と基本的には同じそうですが、屋根の形が若干違うそうです。

なぜこんな大きくなったのか

前述した三つのお墓とも、一般的な日本のお墓に比べると形も特徴的ですし、何より大きいことにびっくりします。

なぜこんな大きいのかというと、そのまま遺体を石室内に入れていたからだそうです。

なぜ遺体を石室内に入れていたのかというと、沖縄は昔、風葬、という方法で埋葬していました。

風葬とは、石室内で遺体を数年間安置して風化を待つ方法です。

私は日本の埋葬の仕方は昔から専ら火葬法だったのかなと思っていたので、この方法で埋葬されていたことに驚きました。

本土が約1300年前に火葬法が導入されたのに対し、沖縄は儒教の影響を受け、独自の埋葬文化が発達したということです。

さらに驚くことに、風化した後、骨を洗って骨壷に納め直し、再び石室に入れていたそうです。

当時の人は、人を葬る際、二度手間になって大変だったろうなと思います。

しかし、この文化が沖縄の人達にとって、心を込めて人を弔う礼儀正しい方法だったのだと思います。

一周忌や三回忌という言葉がありますが、これは儒教の思想を元にしたもので、沖縄の人達は本当にその期間をかけて死者を弔ったそうです。

また、なぜ私が所々にお墓を見つけたかというと、沖縄には土地がなかったことから、家の敷地にお墓を作る文化があったそうです。

墓地、というような他の土地とは異なった雰囲気のエリアがある本土に対して、沖縄はごく自然にお墓というものがその環境に馴染んでいるということです。沖縄県のお墓販売している箇所も複数ありますので参考にしてみてください。

今では風葬という文化はなくなり、昔よりはお墓は大きくないそうですが、今度沖縄に行く機会があったら、また昔ながらのお墓を見て当時の方達の文化に触れたいと思いました。

親子2代で愛用のミネラルファンデーション

母のススメで今まで使っていた無添加がウリのファンデーションからミネラルファンデーションに変えました。

肌が弱い私はドラッグストアなどで購入できる有名メーカーの(女優さんたちがCMでバンバン宣伝しているような商品)の化粧品を使うと皮膚トラブルを起こしてしまうこともあったので、昔から通販で無添加化粧品を販売しているメーカーさんのものを購入して使っていました。

もちろん、こちらの商品では肌トラブルもなく長年リピートして使っていたのですが、洗顔後化粧水、下地、ファンデーションと、どんどん重ねて塗っていく手間が面倒と感じていたこと、肌への密着度が高い感じ(肌が呼吸しづらい感覚)がそもそも苦手だったこと、長時間ファンデーションをつけていると夕方には皮膚が疲れた感覚に陥ること、うっかり昼寝などファンデーションをつけたまま眠ってしまうと肌がつっぱりダメージを受けていることがわかること、などがマイナスポイントでした。

そこで、実家に帰省時、何気なく”化粧が面倒臭いし、簡単にできてうっかり落とさず寝てしまっても肌が痛くならない化粧品があればな~”とぼやいていたんです。

すると、そこにいた母と姉が、”私たちはとっくにミネラルファンデーションを使ってるよ。

言ってなかったっけ?”とキョトン顔。

母と姉が言うには、ミネラルファンデーションは複数メーカーから出ているけど、ミネラルパウダーを専用の化粧ブラシで顔全体にクルクルと乗せるだけで手軽にメークが完成すると。

また、天然の成分でできているミネラルファンデーションはつけたまま寝てしまっても大丈夫と言われているくらい肌への負担が少ない。

実際に、クレンジングを使わなくても普通の洗顔だけでもするする落ちるよ、と。

そこで、母に連れられて洗面台へ行き、母の使っているミネラルファンデーションのパウダーを手に乗せ水で流してみたところサーっと水に溶けて流れて行ったのを見ました。

こんなライトなパウダーなら敏感肌の私にも使えるかも、と母の予備で購入していたミネラルファンデーションをいただき、早速使用開始。

母の使っているメーカーのものは下地もいらないということで、化粧水をした後にそのままブラシでクルクルと伸ばします。

すごく細かい粉がふわふわっと肌に乗るのがわかりました。

仕上がりは、すっごくきれいですし、何と言っても自然なんです。

それに、化粧崩れ、夕方のくすみが感じられない点も良いです。

逆にちょっとメイク後から時間がたつと微粒子が肌表面の油分と馴染むのか、むしろピタッとツヤが出てきれいに感じられるくらい。

そして油断して昼寝した時も。

以前のように起床後肌がつっぱるということもありません。

本当に肌への負担が少ないファンデーションであることを感じさせられました。

それから2年以上、同じミネラルファンデーションばかり使っています。

今では、アイシャドーやチークも同シリーズのもの。

おかげでツヤのある自然なメークが短時間でできるようになり、顔色も若返ったように感じます。

こってりメークが合わなくなった方にはミネラルファンデーション比較を参考にするのが本当におすすめです。

新入荷の先取りコーデ

新入荷の先取りコーデ店頭には春服が多く並ぶようになり、早くもスプリングコーデを楽しんでいる方も出てきましたね。

そんなおしゃれ最先端の方のために新作で入って来たばかりのおすすめアイテムをご紹介いたします。

このアイテムを使って他の人よりも一歩先のコーディネートを楽しみましょう。

変形ボーダーデザイン長袖シャツ
ボーダーアイテムはたくさんありますが、こちらのシャツは変形ボーダーでありきたりなボーダーデザインからさらにおしゃれ感を出したアイテムです。

いつもと違うボーダーで男性ファッション40代のこなれ感の演出です。

素材には着心地の良い綿と、ポリエステルを使用しているのできれいめ感を出すハリのあるシャツに仕上げています。

普段のコーディネートのアクセントや、友達と少し差をつけるコーディネートに是非使用してみてください。

鹿の子Vネックニットソー
これからの季節に合わせて作られた鹿の子ニットソーです。

ニットでありながらも、鹿の子素材を使うことによって肌に接する面積が少なくなりさらりと着用できるのに加え、通気性も抜群です。

暑い季節になるまでは着れる優れものニットソー。

シンプルなデザインに裾や袖に入ったラインがほどよいアクセントとなっています。

ジャガードデザインダブルジップパーカー 5分袖
うっすらと見えるジャガードデザインがさりげないおしゃれで女性の大好評。

ダブルジップなので、インナーによっていろいろな見せ方を工夫することが可能です。

ダブルフードになっているので、ボリュームのある首回りで小顔に見せてくれます。

五分丈なのもこれからの季節さっと羽織る用にあるとすごく便利ですね。

美シルエットストレッチカーゴパンツ 日本製
最近男性にも脚が長く見えると人気で流行っているスキニ―パンツ。

スキニ―パンツはぴたっと感が強く動きにくいものが多いですが、こちらのカーゴパンツはストレッチが効いており動きやすさ抜群です。

美脚ラインを崩さないように付けられたサイドポケットが男らしさを演出してくれます。

カーゴパンツのデザインを活かしたアメカジスタイルや、ジャケットと合わせてワイルドスタイルにすることも可能ですよ。